Gackt – Hakuro March 27, 2017 by Azlyrics

誰にも殺せない悲しみに
微笑み合った記憶を重ねて
どれだけ探し続けていても
オマエだけがいない…

炎に抱かれながら
夜空に魂を放ち
舞い散る桜のように
別れも告げずに消えた

置き去りにしたオマエの涙は
千の光の星に変えて
途切れぬ闇を優しく包んで
いつまでもこの腕で抱きしめてたい

あの日の帰らぬ微笑みが
孤独の狭間に語らい始める
どれだけ涙を流しても
オマエは戻らない…

濡れた夜風も
寄り添う鈴の音も
オマエの大好きな夏が終わる

あの日と変わらぬこの場所で
オマエが残した温もりを抱いて
叶わぬ願いを呟いた
「もう一度逢いたい」

今も殺せない悲しみに
微笑み合った記憶を重ねて
どれだけ探し続けていても
オマエだけがいない…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *